淋病

診察する看護師

淋病は、一般的に男性に感染者が多いとされる病気です。
1回性行為をしただけでも、感染する確率が約三割と言われている性病とされています。

淋病の症状

この性病は、男性と女性で症状が異なります。
男性の場合には、尿道や性器にその症状が出やすいとされています。
「尿道から大量のうみが出る」「排尿をする際に、性器が強い痛みを感じる」「性器が痒く、違和感がある」といった症状が出やすいでしょう。淋病に感染した場合には、そのうみの量は多く、その色は白から黄色がかったもので、かつネバネバとした形状になっています。
また、睾丸が腫れあがったり、発熱したりすることもあります。
治療しないままにしておくと、前立腺炎などになる可能性があるでしょう。

女性の場合には、「おりものが増える」「不正出血する」「下腹部に痛みを感じる」という症状が出ます。また、排尿時に痛みを感じる尿道炎を併発することも少なくありません。
女性も放置していると、卵管炎や骨盤腹膜炎の原因となり、子宮外妊娠や不妊症に発展するケースもあるとされています。

淋病の感染経路

淋病は、セックス、オーラルセックス、アナルセックスのどれからも感染する病気です。
粘膜、もしくは精液や膣分泌液との接触が原因で感染することがほとんどです。
男性に多い病気とされているのは、風俗店でのオーラルセックスのサービスから感染する人が多いからです。「男性器から女性ののどに感染する」場合と、「女性ののどから男性期に感染する」場合とその感染経路は二つあります。一度の性行為で感染する確率が非常に高く、また、クラミジアと同時に感染している人も多いと言われています。

淋病の検査法

男性は尿検査、女性は分泌物を検査することになります。
男性は泌尿器科、女性は婦人科に行きましょう。または性病科にかかることをお勧めします。

病院検査で人に知られたくない方は、自宅で淋菌も検査できるキットも販売されています。

淋病の治療法

筋肉注射、静脈注射などで症状が改善するとされています。症状によっては、一度注射をするだけで治療が終了することがあるようです。
また、薬を服用する必要もあります。
治癒するまでに、1日から1週間ほどかかるでしょう。

淋病の予防法

コンドームを使用して性行為をするようにしましょう。
オーラルセックスでも感染しますから、その際にもコンドームを使用すれば感染する可能性は低くなるでしょう。


公開日:
最終更新日:2014/10/18

PAGE TOP ↑